口腔ケア お役立ち情報
Column

よく見られる歯茎のトラブル

[公開日:7/30/2020 /最終更新日: 7/30/2020 ]

介護者が口腔ケアを行う際には、口の中を観察し、いつもと変わりがないか、傷や腫れがないかをチェックするようにしましょう。 一言で口といっても、口の中はさまざまな組織でできています。歯(硬い組織)、歯茎、舌、うわあごの粘膜(軟らかい組織)などです。 今回は、その口の中でも、年齢を問わず症状が出やすいこと、口腔ケア中に変化に気付きやすいところであることから、「歯茎」に注目して、歯茎のトラブルについて原因別にお話しします。

DOCTOR’S PROFILE

吉見 佳那子先生・戸原 玄先生

東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 医歯学専攻    老化制御学講座 摂食嚥下リハビリテーション学分野

医員・教授

よしみ  かなこ       とはら  はるか

吉見 佳那子先生・戸原 玄先生  

よく見られる歯茎のトラブル

歯茎のトラブルとその対処法

口の中の汚れによるもの(歯周炎)

歯根の炎症によるもの

入れ歯(義歯)によるもの

口の中のチェックが大切