口腔ケア お役立ち情報
Column

オーラルフレイルの予防

[公開日:4/30/2020 /最終更新日: 4/30/2020 ]

オーラルフレイルはささやかな口腔機能の低下です。噛みづらい食べ物が増えた、むせやすくなった、食べこぼしが増えた、滑舌が悪くなったなどの症状があります。オーラルフレイルはリハビリテーションや適切な歯科治療で十分に回復可能な状態ですが、この状態を放置し続けると栄養状態の偏りなどにつながり、サルコペニアと呼ばれる状態になることもあります。その予防には、オーラルフレイルの早期発見・早期対策が重要です。

DOCTOR’S PROFILE

山口 浩平先生・戸原 玄先生

東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 医歯学専攻    老化制御学講座 摂食嚥下リハビリテーション学分野

特任助教・教授

やまぐち こうへい      とはら はるか

山口 浩平先生・戸原 玄先生

オーラルフレイルの予防

回復可能なオーラルフレイル

オーラルフレイルとは

自宅でできる舌押し付け訓練

定期的に歯科検診へ