口腔ケア お役立ち情報
Column

周術期のリスク管理としての口腔健康管理

[公開日:1/30/2020 /最終更新日: 1/30/2020 ]

がんの治療には、三大療法と呼ばれる「手術療法」「薬物療法」「放射線療法」があります。いずれの療法においても治療開始前からの口腔健康管理は大切な役割を担っています。治療開始前から口腔環境を整え、セルフケアを行っていただくことで、より効果的に感染予防あるいは口腔粘膜炎、口腔乾燥などの副作用の重症化の予防へとつながります。 今回は、口腔健康管理の詳細および周術期におけるセルフケアの指導ポイントについてご紹介します。

DENTAL HYGIENIST’S PROFILE

大西 淑美

公益社団法人 大阪府歯科衛生士会

歯科衛生士

おおにし よしみ

大西 淑美 先生

周術期のリスク管理としての口腔健康管理

歯科・医療従事者と患者様で行う口腔健康管理

周術期のリスク管理としての口腔健康管理

周術期に想定されるリスク

口腔健康管理における口腔機能管理・口腔衛生管理、口腔ケアの役割

セルフケアの指導ポイント

セルフケアを行っていただくために私たちにできること