口腔ケアマウスピュア

口腔ケア お役立ち情報Column

入れ歯のケア

[公開日:2020/10/22 /最終更新日: 2020/10/30 ]

介護をされている方の中には、義歯(入れ歯)の取り扱い方法や清掃方法をよく知らない方も多いのではないでしょうか。 口腔ケアは、口の中をきれいにするだけでなく、義歯をきれいにしておくことも必要です。 今回は、義歯のケアについてお話しします。

DOCTOR’S PROFILE

入れ歯のケア

東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 医歯学専攻
老化制御学講座 摂食嚥下リハビリテーション学分野

医員・教授

よしみ  かなこ

吉見 佳那子先生

とはら  はるか

戸原 玄先生

入れ歯のケア

義歯のケアのポイント

義歯の役割

歯を失った後は、その部分を補うために被せ物や義歯を入れます。

義歯の役割は、食べ物を噛むためだけでなく、残っている歯が傾いたり移動したりするのを防ぎます。

また、噛み合わせの場所が安定することで、残っている歯に過剰な負担がかからないようにします。

立ち上がり動作など体を使うときにしっかり食いしばる事もできます。

義歯は、見た目の改善はもちろん、口の機能、全身の機能の回復にも重要です。

義歯の清掃方法や取り扱い方法

食後は必ず義歯を外して清掃しましょう。

お手入れは入れ歯洗浄剤につけるだけ、という方も多いですが、義歯には食べ物の汚れだけでなく、歯垢も付着します。

口腔ケアのポイント-口腔清掃-でも詳しく説明していますが、歯垢は「バイオフィルム」ですから、洗浄剤だけでは落ちません。まずは磨いて汚れを落としましょう。

清掃には、義歯用ブラシか硬めの歯ブラシと、市販の義歯用洗浄剤、または食器用の中性洗剤を使用し、ブラシでしっかりこすります。

歯磨き粉は、研磨剤の成分が義歯の表面を傷つけ、細菌がつきやすくなるため使用しないようにします。

また、義歯の材料は熱や乾燥に弱いため、義歯を外している間は水の中につけておくようにします。
熱湯の使用は避けましょう。

夜間の義歯の取り扱い

また、夜間の義歯の取り扱いはどうしているでしょうか?

歯科医師の中でも議論があるところですが、最近の研究で義歯を装着したまま寝る高齢者は、義歯をはずす高齢者と比べて、肺炎罹患のリスクが2倍になると報告がありました。

ただし、それらの方々がどのようなお口の状態であったかなどの詳細は分かりません。

例えばぐらついている歯が数本残っているような高齢者であれば、夜間も義歯を装着しておくことでそれらの歯の固定に役立ち、歯を長持ちさせることになるかもしれません。

結論としては、夜間は義歯をはずした方がよさそうですが、口の中の状態によっては装着したままの方がよい場合もあり、その場合は寝る前に義歯をきれいに清掃しておくことが重要です。

義歯のメインテナンス

要介護の患者さんを診察すると、部分義歯のバネをかける歯がぐらつく・虫歯になっている、歯が抜けたまま古い義歯を使用している、入院等で長期間義歯を使用していなかったために装着できなくなった、という方が多いです。

また、急に痩せてしまい義歯が合わない、痛みがあり食事ができない、などのトラブルも起きやすいです。

患者さんは痛みを我慢していたり症状をうまく伝えられないこともあったりしますので、介護者が気づいた事があれば歯科医師に相談してみましょう。

歯科医院への通院が難しければ、訪問歯科診療を利用し、早期に治療を受けることをおすすめします。

その他の記事

  • 口腔ケアで予防する嚥下障害-口腔...

    食べること・飲むことをいう摂食嚥下において、口腔期という段階があります。口腔期は口の中で咀嚼してまとめられた食物を、舌を使...

    詳しく見る

  • 口腔ケアで予防する嚥下障害 –準...

    食べること・飲むことをいう摂食嚥下において準備期という段階があります。準備期は口の中に取り込んだ食物を咀嚼して飲み込みやす...

    詳しく見る

  • 口腔ケアで予防する嚥下障害 ー先...

    先行期とは食物を認識して口に運ぶ段階の事を指します。 高齢化が進む現代社会において、加齢に伴い嚥下機能(口の中の食物を胃に...

    詳しく見る

  • 入れ歯のケア

    介護をされている方の中には、義歯(入れ歯)の取り扱い方法や清掃方法をよく知らない方も多いのではないでしょうか。 口腔ケアは...

    詳しく見る

Scroll Up