口腔ケアマウスピュア

口腔ケア お役立ち情報Column

口腔ケアで予防する嚥下障害 –準備期 正しく噛む–

[公開日:2021/4/30 /最終更新日: 2021/4/30 ]

食べること・飲むことをいう摂食嚥下において準備期という段階があります。準備期は口の中に取り込んだ食物を咀嚼して飲み込みやすい形に変えていく段階のことを指します。高齢になると、噛む力が衰え硬いものが十分に噛めなくなり、自身の歯の状態にあった食事内容がわからず無理をしてしまうことがあります。準備期のトラブルによってうまく食べられず、場合によっては誤嚥などのリスクを高めてしまう可能性もあります。日頃から意識して口腔ケアを行うことで、口腔の乾燥を防ぎ咀嚼を助け、歯や義歯のトラブルに気づくなど、準備期をスムーズに行う手助けになります。

SPEECH-LANGUAGE-HEARING THERAPIST’S PROFILE

口腔ケアで予防する嚥下障害 –準備期 正しく噛む–

大阪赤十字病院 リハビリテーション科

言語聴覚士

たかはし こうへい

髙橋 浩平先生

口腔ケアで予防する嚥下障害 –準備期 正しく噛む–

安全に食事を楽しむために

準備期とは

摂食嚥下における準備期とは、①口の中に食物を取り込む②歯で食物を噛み砕く咀嚼③飲み込む際にのどを通りやすい形をつくるなどの段階を指します。摂食嚥下において安全に食物を飲み込むためには、この準備期で十分な咀嚼と飲み込みやすい形の形成を行うことが必要不可欠といえます。
準備期を正常に行うためには、正しく咀嚼するための歯の状態・義歯の調整などができているか、咀嚼した後に食物をまとめるための口腔内の状態を整えられているかなどを日頃からチェックする必要があります。

準備期と口腔ケアの関係性

日頃から口腔ケアを行なっていただくことで、準備期における様々な問題にいち早く気づくことができると思います。
まずは準備期における咀嚼について、普段の口腔ケアから歯や義歯の状態を丁寧に観察することで、動揺歯や義歯の不適合に気づくことができます。正しい噛み合わせが出来なければ、もちろん正しい咀嚼もできません。私も、普段の臨床業務の中で多くの患者さんの口腔ケアに携わっていますが、正しい咀嚼を妨げる歯のトラブルに気づいていない方がたくさんおられます。これからは、口腔ケアをされる際に歯や義歯の状態を意識してチェックするよう心がけてみてください。不安な点があれば歯科医師の先生に相談しましょう。
次に、食物を飲み込みやすい形にまとめる段階について、ここでは咀嚼した食物を唾液と混ぜ合わせることでのどを通りやすい柔らかい形に変化させています。食事の際に口腔内が乾燥していると、十分に唾液と混ぜ合わせることができず飲み込みやすい形にまとめられなくなってしまいます。食前に口腔ケアを行い、口腔内が乾燥していない状態で食事をはじめられるようにしましょう。

「噛む」・「まとめる」といった食事において非常に重要な段階である準備期においても、口腔ケアはとても効果的で大事な役割を果たします。ただの歯磨きと思って済ませてしまうのではなく、様々な点に注意して日頃の口腔ケアを行なってみてください。

 

★髙橋先生が携わる嚥下障害啓発団体SMAが運営する「嚥下チェッカー」はコチラ

その他の記事

  • 口腔ケアで予防する嚥下障害 –準...

    食べること・飲むことをいう摂食嚥下において準備期という段階があります。準備期は口の中に取り込んだ食物を咀嚼して飲み込みやす...

    詳しく見る

  • 口腔ケアで予防する嚥下障害 ー先...

    先行期とは食物を認識して口に運ぶ段階の事を指します。 高齢化が進む現代社会において、加齢に伴い嚥下機能(口の中の食物を胃に...

    詳しく見る

  • 入れ歯のケア

    介護をされている方の中には、義歯(入れ歯)の取り扱い方法や清掃方法をよく知らない方も多いのではないでしょうか。 口腔ケアは...

    詳しく見る

  • よく見られる歯茎のトラブル

    介護者が口腔ケアを行う際には、口の中を観察し、いつもと変わりがないか、傷や腫れがないかをチェックするようにしましょう。 一...

    詳しく見る

Scroll Up